▮ エンディングノート作成サポート

エンディングノートとは・・・

和製英語ですが、直訳すると「最期の覚え書き」のようなものです。

 

広く知られるようになったのは、ここ数年のことですが、すでに葬儀関連会社では原型となる冊子を配布していました。そのため、当初は遺された人へのメッセージの意味合いが強くありましたが、身辺整理のための記録にシフトしています。

 

大震災後は、若い人も万が一のことを考えるようになり、高齢者が人生の最後に書くだけのものではなくなりました。

 

一般社団法人 終活カウンセラー協会では、終活とは「人生の終焉を考えることを通じて 自分を見つめ、をよりよく、自分らしく生きる活動」と定義し、これからの人生を考えるうえにおいて、エンディングノートを「未来ノート」と呼んでいます。

 

 

エンディングノートを書く意味

 大きく2つ、あげられます。

 

 

「大切な人のため」

 

もしものときに家族が困らないように、自分の意思を伝えるためのもの。

 

特に、介護とか終末医療などの意思決定の場面では、どうしてほしいのか、なにか準備はしているのか、家族が決めるとなると大変な負担をかけることになりますので、事前に話をしながら、書き留めておくことをお勧めしています。

 

 

「自分自身のため」

 

これまでの人生を見つめ直し、これからの人生を自分らしく生きるためのもの。

 

自叙伝までは書けなくても、今まで住んだ場所や学歴・職歴といった履歴を書き出すだけで、自分史となります。

また、情報をひとまとめにしておくことは、自分自身の日常生活でも役に立ちますし、自分の財産を知っておくことは、相続の下準備だけでなく、これからの生活のためにも必要なことです。

 

人生のエンディングを考えるにあたって、大切な人のことを思いながら、自分の人生を振り返りながら、書き留めるのが「エンディングノート」です。

 

 

「遺言書」との違い

エンディングノートは、自分の意思を記載するものであり、「遺言書」と違って法的効力はありません。

 

誰に相続をさせるとか、どのように遺産を分けるのかといった"財産関係"や、婚外子の認知といった"身分関係"など、大切な事柄については、「遺言書」作成されることを強くお勧めします。

 

ただし、「遺言書」は亡くなった後のことですので、亡くなる前のこまごまとしたことを書くことは予定されていません。

 

亡くなる前のことについてはエンディングノートに書き留め、「遺言書」と併用されることをお勧めします。

 

 

自分らしいエンディング迎えるための準備として、まずは「エンディングノート」を作りませんか?

 

料金

エンディングノート作成サポート 15,000(税込)  

 

面談の際の交通費は、実費請求させていただきます。

 

市販のエンディングノートご使用の場合など、その他についてはご相談ください。

 

小グループ向け出張セミナー(エンディングノート付)

 5名以上※であれば、エンディングノート作成の出張セミナーをさせていただきます。※個人のお客様のみ


おひとり ¥1,000円(税込) エンディングノート付(終活カウンセラー協会発行「マイ・ウェイ」)


❖場所はお客様が確保してください。ご自宅でも結構です。



エンディングノートについてのご相談・お問合わせは・・・



✆ 072-647-6344

✉   info@mkido-office.com

またはお問合わせフォームから