ヒト・コト・モノの見える化とは?

 行政書士=書類作成のエキスパートとして、当事務所の業務のテーマは、ヒト・コト・モノの書面化を通じた“見える化”です。

 

当サイトにおいて、ヒトとは"ヒト"の終活、コトとは結婚という"コト"、モノとは会社という"モノ"のです。詳細は Works|取扱業務 をご覧ください。

  

行政書士には、守秘義務(職務上知った秘密を守る義務)が定められておりますので<行政書士法第12条>、安心してご相談ください。

 

 当事務所では、お客さまと直接お会いしてお話することを基本としております。

 

まずはお気軽に電話、メールにてお問い合わせください。

 



トピックス|新着情報

◎いちょうカレッジ第2弾決定

昨年に続いて、大阪市生涯学習まちづくり市民大学「いちょうカレッジ」専科コースをさせていただくことになりました!

 

今回のテーマは「仲間づくり」です。

 

まちづくり活動にあたって、仲間を集めることはとても大変です。

福祉・ビジネス・地域コミュニティのまちづくり活動の事例から、共有・共感・協働する仲間づくりを講師ともに学びましょう。

 

日時:2022年7月2日(土)、9日(土)、16日(土)

   13:30~16:30

会場:大阪市立難波市民学習センター

対象:大阪市内在住または在勤の方

定員:30名(応募者多数の場合は抽選)

申込締切→6月23日(木)必着

お問合せ・お申込み先:大阪市立難波市民学習センター TEL  06-6643-7010

 

私も講師のひとりとして、末席に名を連ねております。

 

多くの方のお申込み、お待ちしております!

 

◎「事業復活支援金」事前確認の受付終了について

「事業復活支援金」の事前確認につきまして、多くの方にご依頼いただき、ありがとうございました。

 

本日11時をもちまして、当事務所での受付を終了させていただきました。

 

なお、一度事前確認をさせていただいた方で、不備等により発番が未了の方につきましては、事前確認の締切(5/26)まで引き続き対応させていただきます。

 

 

◎事業復活支援金の確認について

当事務所は、事業復活支援金の「事前確認」の確認機関として登録しております。

 

※一時支援金や月次支援金を受給している方は、原則、改めて事前確認を受ける必要がありません。

 

まずは、事業復活支援金/登録確認機関での事前確認に必要な書類等 (←クリックすると事業復活支援金のページに移動します)にて、本人確認書類、履歴事項全部証明書(中小法人等のみ)、確定申告書の控え、帳簿書類(2018年11月から対象月までの各月)、通帳(2018年11月以降の全ての事業の取引を記録しているもの)をご準備ください。

 

★メールまたはお電話でご予約ください。

 

メールの場合は、本文に下記をご記入ください。(お電話の場合はお聞きします)

1.事業形態:中小法人等 か  個人事業者等〈事業所得〉 か  個人事業者等〈主たる収入が雑所得・給与所得〉

2.事業所名:

3.申請希望者名〈代表者名〉:

4.電話番号:

5.住所:

6.代表者生年月日〈西暦〉:

7.申請ID(Cで始まる9ケタの数字):

8.申請の時に登録した電話番号:

※ログインID、パスワードをお聞きすることはありません。

※お伺いして事前確認をするため、地域によってはお断りさせていただく場合があります。<地域限定で登録しております>

 

E-mail  info@mkido-office.com

TEL      072-647-6344

 

★「事前確認」の報酬はいただきません。

※ただし、三島地域(高槻市、茨木市、吹田市、摂津市、島本町)に限定させていただいております。

 

【事前確認以外のサポートについて】

事前確認の必要書類の準備や申請入力のサポートが必要な場合などは、内容に応じて別途報酬をいただきます。

 

     書類の準備に関するサポート 

    5,000円~15,000円

申請入力に関するサポート

  5,000円~15,000円

 

 

追記:

 

事前確認について、同じような不備や不足が見られます。

 

ご依頼される前に下記をご確認ください。

 

 

 

【本人確認書類】

 

■運転免許証の表面コピーを準備していた。

 

→運転免許証の場合は裏面も必要です。マイナンバーカードは表面のみ。

 

 

【確定申告書等】

 

■《中小法人等》「消費税」の確定申告書を準備していた。

 

→「法人税及び地方法人税」の確定申告書をご準備ください。

 

 

■《中小法人等》「法人事業概況説明書」が準備できていない。

 

→なお「法人事業概況説明書」は両面必要です。

 

 

■《個人事業者等(青色申告の場合)》「青色申告決算書」が準備できていない。

 

→なお「青色申告決算書」はP.1-2が必要です。

 

 

■《共通(e-tax申告の場合)》「受信通知(メール詳細)」が準備されていない。

 

→なお「確定申告書」の上部に受付日時及び受付番号が印字されているものについては不要です。

 

 

【帳簿書類】

 

■売上台帳が準備できていない。

 

→手書きの売上伝票でも構いませんが、申請時に添付できる状態でコピーしておいてください。

 

→年間の売上推移を準備されているケースが多く見られます。月、日付、商品名、販売先、取引金額、合計金額等が記載されている書類をご準備ください。

 

 

【通帳】

 

■基準月の売上に係るページをコピーしていない。

 

→申請時には、該当する取引にマーカーして添付する必要がありますので、コピーをご準備ください。

 

  

 


About|事務所概要

BLOG|WELL-BEING


WORKS|取扱業務

ヒト|「終活」の見える化

 

 

コト|「結婚」の見える化

 

  • パートナーズ婚誓約書
  • パートナーズ婚契約書

※パートナーズ婚®は、一般社団法人結婚トータルサポート協会の登録商標です。

 


モノ|「会社」の見える化

 

  • 会社設立
  • 補助金申請サポート
  • 各種契約書作成

その他

 

  • スライド・資料作成
  • 代筆
  • ライフプランニング


女性士業による女性のための相談室

 家族のこと、仕事のこと、人生のこと。


具体的な悩みを抱えている女性はもちろんのこと、

漠然とした不安を抱えている女性が、

誰に相談してよいかわからないけれど、

女性の専門家なら話しやすいかも...

という声にお応えして、

「女性士業による女性のための相談室」

スタートしました。

 

「お知らせ」ページ